ドイツ、ユーバーリンゲンの研修にて

ドイツ、ヴィッテンの教員養成所の庭のフローフォーム

療法楽器【ライアー】

療法楽器【グロッケン(鉄製)】

療法楽器【ささやきの木】

療法楽器【石】

手仕事

一般社団法人アウディオペーデではルドルフ・シュタイナーの理念に基づき音楽中心の療法および教育活動を
ドイツ・ヴィッテンのInstitute für Audiopädieと連携して行っています

お知らせ

当機関では、コロナ感染症予防対策を行っています。講座にご参加の際は、マスク着用、検温・アルコール消毒にご協力ください。

月々のご挨拶

いつもアウディオペーデを応援してくださっているみなさまへ

澄む時は あくまで澄んで 秋の空   子規

日頃からご支援をいただいている会員の皆様はじめ、ご関心を寄せてくださっている皆様にはご健勝のこととお喜び申し上げます。
このところ、朝夕の風に秋の深まりを感じます。

昨年は、医学の100周年記念行事がゲーテアヌムで行われました。
今では日本でもアントロポゾフィー医学の医師会が生まれ、療法士が医師とともに活動できるようになりました。
日本は19年かけての歩みでしたが、ゲーテアヌムとともに昨年は、医学100周年の記念行事を行うことができました。
その折に行った公開講座が雑誌となって、いま手元に届きました。この雑誌を手に取りながら、改めてここまでの道のりを思い出しています。

日本の課題は、これからもアントロポゾフィーの医学や療法が多くの人に周知されるように努力をしていかなければなりません。
アウデイオペーデの課題も、同様に音楽療法の実践と啓蒙活動を続けていくという決意を新たにしています。
これからも皆様のご関心とご支援をよろしくお願いいたします。

末筆ながら皆様の健康とご活躍をお祈りしております。

2022年10月吉日

 一般社団法人 アウディオペーデ 代表理事
竹田喜代子
スタッフ一同


ーお得な特典付きの会員も随時募集中ですー

会員情報


アウディオペーデとは

直訳すると「聴く器官の養成」となります。「聴く」ことを修練することによって「傾聴」することを会得します。
「傾聴」は人間を正しく深く理解し、この練習を重ねる中で自己の内面に耳を傾け、自立性、協調性、社会性、創造性を育みます。

子育てやご自身の悩みのご相談の場として

アウディオペーデが行っている活動は大きく三つの分野に分けることができます。
◆専門家の養成 ◆芸術的療法・療法的支援 ◆一般向け講座
音楽の専門的な学びができるかたわら、日常的にみなさまと共に学ぶことのできる場として
子育てや、ご自身の悩みのご相談の場として気軽に立ち寄っていただきたいと願っています。

竹田喜代子 外部講座情報

CLICK

海外研修

アウディオペーデでは2年に一度ドイツにでアントロポゾフィーの音楽、教育、療法の
専門家による研修を行っています。海外の講師を招いて講座を開催することもあります。
ドイツ研修2016年

ベルリン ハーベルヘーエ音楽療法養成学校にて韓国の学生と共に

〒242-0002 神奈川県大和市つきみ野3-30-5
TEL:046-240-9117
FAX:046-240-9118

PAGE TOP