ドイツ、ユーバーリンゲンの研修にて

ドイツ、ヴィッテンの教員養成所の庭のフローフォーム

療法楽器【ライアー】

療法楽器【グロッケン(鉄製)】

療法楽器【ささやきの木】

療法楽器【石】

手仕事

一般社団法人アウディオペーデではルドルフ・シュタイナーの理念に基づき音楽中心の療法および教育活動を
ドイツ・ヴィッテンのInstitute für Audiopädieと連携して行っています

お知らせ

当機関では、コロナ感染症予防対策を行っています。講座にご参加の際は、マスク着用、検温・アルコール消毒にご協力ください。

月々のご挨拶

いつもアウディオペーデを応援してくださっているみなさまへ

山茶花の写真素材

山茶花の 咲きて ことしも 師走かな
万太郎

日頃からご支援をいただいている会員の皆様や、ご関心を寄せてくださっている皆様にはご健勝のこととお喜びを申し上げます。

今年もあと残すところわずかとなり年月の速さに驚くばかりです。

アウデイオペーデの幼児教育に関する講座も無事11月に終了することができました。
この2・3年の講座では、支援を必要とする子供に関するテーマのもの、また、音楽を中心に、療法に関するテーマについては多くの方の関心を寄せていただいています。
コロナの流行とともに、社会の闇に人々の目が向き始めているように感じます。

さて、アウデイオペーデは、2011年から音楽療法士の養成に力を注いできました。
その間には世界中にコロナのパンデミックが起き、スイスでの研修が中止になったことなど3期生4期生の養成中には様々な出来事がありました。
その中の一つに、今までこの養成は、ファーザートレーニングコースとしてゲーテアヌムに申請中であったのですが、国際アントロポゾフィー芸術療法士養成機関の管轄になったことで提出中であった書類の一部を変更しなければなりませんでした。
その作業は、今までのカリキュラムの見直しや、時間数など、振り返りをやむなくすることになりました。このことは未来を考えていく上では重要なことだと思っています。
その一方で特に事務局の仕事は残業が続き、やっと11月中に書類を提出することができました。事務局の鈴木さんに感謝です。

3期生、4期生の卒業は2021年でしたが、正式には年明けになってしまうでしょう。
様々な難関を乗り越えて挫折をすることなく、卒業までにこぎつけた受講生には脱帽です。その受講生のためにも、アウデイオペーデは世界基準に近づく努力を惜しみなく続けていこうと決意をしたところです。
これからもアウディオペーでの活動をどうか暖かいご支援とご関心をお寄せいただきますようお願い申し上げます。
末筆ながら、皆様には幸多いクリスマスを迎えください。

2022年12月吉日

 一般社団法人 アウディオペーデ 代表理事
竹田喜代子
スタッフ一同


ーお得な特典付きの会員も随時募集中ですー

会員情報


アウディオペーデとは

直訳すると「聴く器官の養成」となります。「聴く」ことを修練することによって「傾聴」することを会得します。
「傾聴」は人間を正しく深く理解し、この練習を重ねる中で自己の内面に耳を傾け、自立性、協調性、社会性、創造性を育みます。

子育てやご自身の悩みのご相談の場として

アウディオペーデが行っている活動は大きく三つの分野に分けることができます。
◆専門家の養成 ◆芸術的療法・療法的支援 ◆一般向け講座
音楽の専門的な学びができるかたわら、日常的にみなさまと共に学ぶことのできる場として
子育てや、ご自身の悩みのご相談の場として気軽に立ち寄っていただきたいと願っています。

竹田喜代子 外部講座情報

CLICK

海外研修

アウディオペーデでは2年に一度ドイツにでアントロポゾフィーの音楽、教育、療法の
専門家による研修を行っています。海外の講師を招いて講座を開催することもあります。
ドイツ研修2016年

ベルリン ハーベルヘーエ音楽療法養成学校にて韓国の学生と共に

〒242-0002 神奈川県大和市つきみ野3-30-5
TEL:046-240-9117
FAX:046-240-9118

PAGE TOP