一般社団法人アウディオペーデではルドルフ・シュタイナーの理念に基づき音楽中心の療法および教育活動を
ドイツ・ヴィッテンのInstitute für Audiopädieと連携して行っています

お知らせ

当機関では、コロナ感染症予防対策を行っています。講座にご参加の際は、マスク着用、検温・アルコール消毒にご協力ください。

月々のご挨拶

いつもアウディオペーデを応援してくださっているみなさまへ

                北の旅 終えて一気に 更衣(ころもがへ)
汀子

 

 日頃よりご支援をいただいている会員の皆様・ご関心をいただいている皆様にはご健勝のこととお喜び申し上げます。

さて、私事ですが、5月は久しぶりに北海道へ講演に行ってまいりました。この2年間はコロナのこともあり、遠出は控えておりました。今回の北海道行きは、アウデイオペーデの卒業生のお一人が逝去され、その方の偲ぶ会のためでもありました。

講座は、「響きの持つ力」と題して亡くなられたSさんのご友人たちの企画でした。当日はお天気に恵まれ、今は亡きSさんの遺影を前にしてSさんとともに響きの体験ができました。Sさんが子供たちのために作ったかわいらしい心のこもった園舎は暖かく、ご一緒に活動をしてきた方たちの細やかさと子供たちへの愛情が部屋の隅々にあふれていました。

アウデイオペーデの活動の中で、2001年から療法的音楽教育者育成コースを立ち上げてきました。そのなかで、多くの卒業生を輩出してきましたが、卒業生たちのその後の活動を見る機会もあまりありませんでした。
今回はSさんの生前の活動が偲ばれ、あまりにも早い旅立ちではありましたが、その足跡はしっかりとご友人たちに引き継がれ、これからも素晴らしい活動が継続されるであろうと確信を持つことができました。

アウデイオペーデの中でも養成コースを卒業された方たちは、ゆっくりながら信念を持ちつつ着実に活動を続けておられる人達が大勢います。これからも現代社会の抱えている問題にご自身の力を発揮し貢献してほしいと願っています。

皆様のご活躍とご健康をお祈りします。
今後ともアウデイオペーデのご支援をよろしくお願い申し上げます。

2022月 6月吉日

一般社団法人 アウディオペーデ 代表理事
竹田喜代子
スタッフ一同


アウディオペーデとは

直訳すると「聴く器官の養成」となります。「聴く」ことを修練することによって「傾聴」することを会得します。
「傾聴」は人間を正しく深く理解し、この練習を重ねる中で自己の内面に耳を傾け、自立性、協調性、社会性、創造性を育みます。

子育てやご自身の悩みのご相談の場として

アウディオペーデが行っている活動は大きく三つの分野に分けることができます。
◆専門家の養成 ◆芸術的療法・療法的支援 ◆一般向け講座
音楽の専門的な学びができるかたわら、日常的にみなさまと共に学ぶことのできる場として
子育てや、ご自身の悩みのご相談の場として気軽に立ち寄っていただきたいと願っています。

竹田喜代子 外部講座情報

CLICK

海外研修

アウディオペーデでは2年に一度ドイツにでアントロポゾフィーの音楽、教育、療法の
専門家による研修を行っています。海外の講師を招いて講座を開催することもあります。
ドイツ研修2016年

〒242-0002 神奈川県大和市つきみ野3-30-5
TEL:046-240-9117
FAX:046-240-9118

PAGE TOP