日頃ストレスを抱え込み

 知らず知らずのうちに心が病んでくる時代を生きている私たち。

 響きの楽器の音を聴きながら

 また奏でながら

 心の静けさを取り戻してみましょう。

 きっと明日への生きる力を取り戻せることでしょう。

 ストレスを抱えている方、なかなか眠れぬ夜をすごしている方

 そして静けさを味わってみたい方

 月一度、アウディオペーデに集まってみませんか?


 初参加の方も歓迎です。



■ 指導 竹田喜代子(音楽療法士)



日程 :毎月第四金曜日 午前10時30分〜12時
会場 :セラピーハウスつきみ野 第二
費用 :1回 2,000円 (会員:1,500円)
定員 :10名


* 大人の方が対象です   * 要予約
* お申し込み・お問い合わせは、一般社団法人アウディオペーデまで
* お申し
込みの際は、氏名・住所・電話番号をお伝え下さい






■ 参加者の感想(講座後のメモより抜粋) 



「どの楽器の響きにもやさしさややわらかさを感じ心があたたかくなった。楽器ごとに、演奏する人ごとに、ちがった感情が生まれることに強く気がついた。楽器の役わり、その人その人の響きに心がちがった動きをすることに驚いた。響きの楽器の演奏を通して、人について、人と人の関係について、気づくこと、感ずることがたくさんあることに感動しています」

「響きの楽器をみんなで響かせると、自分の中にあるネガティブが知らずに表面に浮き出てきて、身体や感情にあらわれる。私は今回鉄のゴングでしたが、その音の響きに癒されてる自分がいました。夜はよくねむれたような気がします。いつも感じているのですが、今回は特に響きの楽器の素晴らしさに感動です。そして、すべてが響きの楽器なのだ。私たちの身体も......と体感し、魂がふるえました」

「音の響きを感じる身体の部所がそれぞれの楽器によって変わることを初めて体感した。いや、体感はしていたのかもしれないが、初めて認識した」

「ブロンズの棒を軽くにぎっていると手が熱いくらいに暖かくなり、掌も赤くなった。軽い驚きを伴った喜びを感じた。金属は冷たいものだ。それに触れると体熱が奪われて冷えるに違いないと思いこんでいた。しばらく幸福感のような気分が続いた」

「タムタムはほんとうに太刀打ちできない楽器だった。こちらの弱い心を察知しているかのように殆ど応えてくれなかった。でも、おそろしい程に身体が熱くなった!まるでこの楽器は火でもついて熱せられているのではないか?と疑いたくなるくらいに楽器全体から熱が発せられてくるのだ!ほんとうに熱かった!」

「この世の空間と思えないほど、天上に昇っていく感じ。体がじわじわと暖かくなっていった。その日はぐっすり眠れた」